2020年03月02日

休校

チビスケさんの通う小学校も、今日、午前中のみの登校、その後は卒業式まで休校となりました。

そのまま春休みに突入するので、なんと夏休みよりも長いお休みとなります。

幸いなことに、国語も算数も、新しく勉強することはほぼ終わっているとのこと。

図工の工作をやる予定で教材を準備してあったので、それはお休みの間に各自作ってください、

そして、生活科として、1年生の1年間をゆっくり振り返るはずだったのに、それができなかったのがちょっと残念です、と先生。

今週は6年生を送る会も予定されていました。

1年生は6年生の決まった子とペアを組んでいます。

給食を一緒に食べたり、焼き芋を一緒に焼いたり、楽しい思い出がたくさんあります。

そのペアの子とのツーショット写真を使ったペンダントを作って、プレゼント準備をしていた1年生。

あのね、入学してすぐの時に「1年生を迎える会」があってね。

お花のトンネルを作ってくれて、そこを通って、みんながワーって手をたたいてくれてね。

最後はペアの6年生がおんぶして教室まで連れてってくれたの。

その時からボク、ペアの子のことが大好きになってね・・・

だから、6年生を送る会、ちゃんとやりたかった・・・

ボクが作ったペンダント、ゆっくり渡したかったのに・・・

そう言ってシクシク泣くチビスケさん。

ちょっと胸が痛みます。

それでも、先週の金曜日、急きょ、6年生の先生にお願いをして時間を取ってもらい、慌ただしい中、ペンダントは直接ペアの子に渡したそうです。

対応に追われる中、そんな時間を作ってくださった先生方には感謝しかありません。

担任の先生も、自宅のテレビで休校を知って「えええ~!」となったそうです。

ここで定年を迎える先生、38年間の教員生活の中で、こんなことは初めて、とのこと。

前例がない中、さらに超・短時間で慌ただしい中、様々な対応をしてくださっている先生方。

コトが起きた時には、最終的には、現場と各家庭に丸投げされるんだ・・・ということを改めて感じてしまいました。

さて、チビスケさんはその後もシクシク泣いていました。

今度は何で泣いてるのかな?とそっと覗いてみると・・・

給食だよりの献立表を見ながら

「ああ・・・○日は○○が食べられるはずだったのに・・・あああ・・・△△もあったんだ・・・□□も・・・」

なんともチビスケさんらしくて、ちょっと笑えた。

けど、すぐに、先週の金曜日、給食の職員さんが慌ただしく走っていたことを思い出しました。

きっと、表に見えているだけではない、いろんなところに影響があって、多くの人が対応に追われているんだな・・・

得体のしれないものを相手に、先が見えないこの状況に不安になったりもしますが。

こんな時こそ、自分にできることを一つ一つ丁寧にやっていこう、と思っています。

どうか終息に向かいますように。

1年生最後の登校!

こう見ると背中もたくましくなったなあ。

2020年03月02日 | Posted in ブログ, 子育て | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です