2021年06月01日

互角の勝負!?

ケロのすけさんが野球に興味を持ったのは、幼稚園年中さんの時のこと。

何気なく観たプロ野球中継で「うおーーー!」と叫んでしまうほど感動し、

「ボク、小学生になったら絶対に野球やる!!!」と言い出したのが最初。

年長さんになると、紙でグローブとボールを作って野球ごっこをしたりと、その熱い想いは冷めることなく。

そこまでやりたいなら、と、年長さんのクリスマスにはサンタさんにお願いをしてグローブをプレゼントしてもらいました。

そこから始まった親子練習。

あんなにやりたかったキャッチボールなのに、最初は「手渡しですか!?」みたいな距離でも、少しでもボールが空中に浮くと「ぎゃあああ!こわいー!!!」と号泣。

こ・こんなんで野球なんてできるようになるのか???

そこから試行錯誤の長い旅が始まったわけです・・・

そんなケロのすけさんも、チームに入って3年目。

なんと、ここでケロのすけさん、母と互角にキャッチボールができるようになってきました。

コントロールはまだまだ母の方が上手ですが、ボールを遠くまで投げる距離はすでにケロのすけさんの方が上か!???

「もうすぐね、(チーム練習で)ピッチャーとキャッチャーの練習もさせてもらえそうなんだよ!」

というわけで・・・

自主練でもピッチャー練習を。

当然、母はキャッチャーをやらされるわけですよ。

まだボールのコントロールが定まらない小学生ピッチャーの投球を受けることの恐ろしさを知り、愕然とする母。

キャッチャー防具の購入を真剣に検討中です。

そんなわけで。

まだまだ続く、試行錯誤の親子練習。

ケロのすけさんが小学生の間は、老体に鞭打って(?)、どうにか練習相手を務めるのだ。

写真は母のキャッチャー目線。

こ・こわいーーー(泣)

2021年06月01日 | Posted in ブログ, 子育て, 野球 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です