2020年02月04日

笑う門には

あっと言う間に2月・・・

昨日は節分でした。


ケロのすけさんの学校のクラスでは

「自分の心の中にいる鬼を見つけて、それを追い出す」

ということをやったらしい。

心の中の鬼をイメージしつつ、黒板にみんなで鬼の絵を描いて、

大事に袋に入れたお豆(落花生)を投げたんだそうな。

「ぼくの心の鬼はいなくなったよ♪」と清々しい顔して帰ってきました。


夜は恵方巻。

テキトーに冷蔵庫にあるものを巻き巻きするだけで

美味しい海苔巻になるので、なんとなく毎年やってます。

学校から帰ってきたケロのすけさんのピアノの練習と宿題をみつつ、

酢飯と巻き巻きする具材を準備。


ゴハンが多すぎる!具材の並べ方が気に入らない!ぼくが巻く!


と、お決まりの(?)バトルを繰り広げ、方角を調べて、

やっと「いただきます!」


食べ始めるところまでたどり着けた安心感と。

そして、いつも落ち着きなくペラペラとしゃべり続けるケロのすけさんが、

一方向を見つめて黙々と食べている姿を見ていたら。


母、こみ上げるものが・・・


「・・・ふふふ」

まさかの!ついに我慢しきれなくなって声に出して笑いだす母。

(こみ上げるものは涙ではなかった・笑)


「ふふふ」

つられて笑い出すケロのすけさん。


それでも「途中でしゃべらずに一気に食べる」恵方巻ルールを守るべく、

お互いに声をかけることもなく食べ続けます。

それがまた可笑しくて、さらに笑いが・・・


笑いが笑いを呼び、ついには2人でゲラゲラ笑いだし。

ケロのすけさんはむせてしまうし、母は笑いすぎで涙があふれてくる。

でも、海苔巻を頬張る2人!

なんなんだ、これは・・・


なんとか無事に食べ終わって、反省会(笑)

言葉をしゃべってはいない、とは言え、

途中でゲラゲラ笑ってしまったのは恵方巻ルール的にはどうなんだ?

と話し合いましたが、

「まあ、楽しかったからよかったね!」という結論に。


食後、お茶を飲みながら、落ち着いて冷静になったチビスケさん。

「・・・おかあさん。ぼくたち、なんであんなに笑ったんだろうね・・・」

真剣な顔で考えているケロのすけさんが、

これまたオモシロかったのでした(^ ^)

2020年02月04日 | Posted in ブログ, 子育て | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です