2021年06月18日

足で投げる!?

ケロのすけさんの投球練習のために、ネットでいろいろと情報を集めていた時に見つけた動画。

元巨人軍のピッチャー、桑田真澄さんが子ども相手にキャッチボールの練習のやり方を教えています。

私がプロ野球をみはじめたのは中学生の時。

ちょうどその頃、桑田さんは選手としてバリバリ活躍していました。

まだ人生経験の浅い中学生女子からみた桑田さんは、なんとなくとっつきにくい印象があり・・・

そんな桑田さんが子ども相手に野球を教えている???

いったいどんな風に教えているんだろう・・・と、コワいもの見たさで、思わず再生ボタンをポチ!

すると・・・ひょうひょうと説明する感じはイメージ通りだったのですが、

説明がわかりやすい!話がおもしろい!

キャッチボールの練習のやり方なのに、切り口は

「キミは、逆立ちで2キロ歩ける?」

動画の中の子どもたちも、動画をみているケロのすけさんも私も、そこからもう釘づけ。

「じゃあ、足だったら2キロ歩ける?」

「そうか~、じゃあ、つまり、腕と足はどっちが力があるってことかな?」

そんな話から始まり、結論としては、腕の力だけで投げるよりも、力持ちの足の力もボールにのせることができれば、ラクに投げられるし、球速も上がるし、「いいボール」が投げられるよね、ということ。

そのための練習方法の説明もわかりやすく、子どもたちに「わかるかな?」「ちゃんと見えてる?」なんて語りかけながら、何度も実演を繰り返す桑田さん。

な・なんていい人なんだ・・・!

極めつけは終盤。

「ボールはね、足で投げるんだよ。ね?簡単でしょ?(ニヤリ)」

おおお!桑田さん、すごい!「ボールは足で投げる」かあ、なるほど!!

ズッキューーーンと心を撃ち抜かれるように感動している母の横で。

寝転がって、ゴムボールを一生懸命、足指でつかんで投げようとしているケロのすけさん。

違う・・・違うんだよ、ケロのすけさん・・・

心の叫びをぐっと堪えて、また一つ、強くなった母なのでした。

2021年06月18日 | Posted in ブログ, 子育て, 野球 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です