2018年06月19日

命名は・・・

ケロのすけさんの雑誌の付録「おじぎ草」

 

植物を育てることがあまり得意ではない私としては「芽が出なかったらどうしよう・・・」と心配していたのですが、ケロのすけさんの毎日の熱心な水やりと声掛けの成果!?ちゃんと芽が出てきました!

 

さっそく「おじぎちゃん」と名前をつけたケロのすけさん。

しかし、その3分後・・・

 

「やっぱり『おじぎのすけ』って名前にすればよかった・・・」

なんかボソボソつぶやいている・・・と思ったら。泣いてる!?(笑)

 

いや、いいじゃん、今から「おじぎのすけ」にすれば・・・と言うも、

「もうシールにお名前書いて貼っちゃったの!もう変えられないの・・・だいしっぱいだよ・・・」しくしく。

 

せっかく芽が出たのに大失敗なワケがない!

そうだ!本当の名前は「おじぎのすけ」なんだけど、長い名前だから呼ぶときは「おじぎちゃん」ってことにするのはどう?

母、渾身の提案(笑)

 

すると意外にも「おーっ!それいーねー!」と盛り上がり(笑)

ケロのすけさんよ、人生、そんな簡単に「大失敗」と思ってしまっては、もったいないぞ♪

 

ふと気づくと観察日記まで。すごいなあ。小学校の理科の授業を思い出しました。

 

6/18 2018

おじぎちゃん

とうとう めが でました

(その え だよ) ↓

やったね ほんとうだよ

おじぎちゃんも がんばってくれたから

おおきくなりました

2018年06月19日 | Posted in ブログ, 子育て | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です